ブログトップ

softworld

Apple TV 5世代はこの秋に!その名はApple TV 4Kで、4Kコンテンツ配信開始!

2015年Apple TV アップデートされたきりで、今ライバルと競争できる力がなくなる。それを背景として「Apple TV 4K」というApple TV 5が登場。それに対し、iTunesに一部の映画が4K及びHDRと表示され、前代のApple TVでダウングレードしたら720Pまたは1020Pであるが。Apple TV新型2017年第五世代でダウンロードすれば4Kよりシャープな4K HDRコンテンツである。それと同時にiPhoneとHomePodなどの連携もできるようになる。色々の証拠でApple TV 第5世代の「Apple TV 4K」はこれから流行ってくる。詳しい情報はこれからご紹介しよう。

記事全文はこちら

Apple TV アップデート!Apple TV 5公開日、発売日と価格

公開日: 2017913
予約日:2017915
発売日:2017922
価格:19800円~(税別)

予想どおりにApple TV新型は2017年アップル秋製品発表会で発表されて、「Apple TV 4K」という名も公開された。連続四年でデザイン変わらないiPhone8と超高いiPhoneXより、むしろApple TV 2017年機種のTV 4Kが注目されている。前代は発表から発売までは一ヶ月以上も時間がかかるが、Apple TV 第5世代はその三日後の9月15日から予約提供で、発売日は9月22日になると、公式サイトに載られている。が、予約も発売もiPhone8と同じ時点であるため、その日Apple公式サイトもアップルストアも込んでいると想像できるので、二三日後に予約/購入するほうがおすすめする。

Apple TV新型2017年スペック進化!その分に機体ぶ厚くなる?!

デザイン:Apple TV 4とほぼ同じ
CPU:A10X Fusionチップ
メモリ:4GB+32GB/64GB
対応動画:最高4K、HDR、10bit
拡張性:Bluetooth 5.0ワイヤレステクノロジー HDMI搭載HDおよびUHDテレビに対応 Bluetoothキーボードに対応

Apple TV 第5世代はデザインが前代とほぼ同じである。今でもおしゃれで、Apple風である。が、スペックの昇格と新機能対応するハードウェアの追加により、少しだけはぶ厚くなる。が、Apple TVは持ったり運んだりしないので、この程度の変更は感じられないかと想像できる。

CPUはA10Xコアになり、今Apple最新コアではないが、これも慣例になった。歴代のApple TV アップデートに一年前のチップが使われ、Apple TV 4Kも例外ではない。が、メモリの増やしにより反応スピードは前代よりずっと早くなるはずである。

RAMは前代の2GBから4GBに進化され、その理由は4K対応で処理負荷が増えるということだという。Apple TV新型2017年に拡張性も更新られる。今年Appleが発表されたHomePodとの連携はもちろん、iPhoneと連携して、iPhoneでApple TV 4Kをコントロールすることも実現した。Bluetoothも更新られて、前代の4.0から5.0へと更新された。

Apple TV 2017年新機能追加!これから4K対応に、ゲーム面で強化!

スペックなどの進化は少なくて、前代は値下がりする。これにしてもApple TV 第5世代のApple TV 4Kを買るとすれば、新機能は唯一の理由であろう。その中に一番期待されるのは今回Apple TV アップデートされると4K動画に対応すること。しかもそれは普通の4Kより画面がよりシャープで色がより鮮明な4K HDRである。今iTunesで4KとHDRのコンテンツが配布開始されるが、Apple TV 5でないとダウンロードしたものは720Pあるいは1020Pである。つまり、Apple TV 2017機種でないと4K画質提供の映画を買っても最高画質で視聴できない。今提供しているコンテンツは主に映画と試合で、「美女と野獣」や「ローガン」のような海外映画も「この世界の片隅に」のような国内映画も提供している。Wifiに連続するとHuluなどの動画サイトに載られる動画も視聴できる。

また、CPUとRAMに進化により、ゲーム方面で普及と増長が期待できる。Apple TV 第5世代はスペックの進化により、本格的なゲームもうまく動作できるようになる。アップル2017年秋発表会に見たことのように、Apple TV 4Kの超高画質のおかげでゲームの体験が全然違いものになる。これからはゲームのソフトウェア会社と專門ゲーマーもどんどん来るかと期待できる。

それに、AppleのHomekitに重要な一部として、Apple TV第5世代はコントローラーとしてつとめる。ガレージのドアを閉めたり、家のヒーターやエアコンの温度をコントロールしたり。玄関の鍵がかかっているかをチェックすることもできるようになる。

元記事を読む


[PR]
by snowyyang2013 | 2017-09-22 12:44 | まとめ | Comments(0)

FLACとは?最新音声ファイルFLACとそれと関する專門用語解説

より良い音質を求める今は、ハイレゾフォーマットがどんどん配布されて、その中に代表的な一つはFLACというフォーマットである。名門のオーケストラや商用音楽ファイルや高品質演奏などによく用いられる。が、FLAC再生は確かに高品質の音声体験が得られるが、そのファイルを無事に開けて再生できるプレイヤーはなかなか見つからない。FLACファイル変換したら品質の損失がひどく、転送もダウンロードも時間がかなりかかる。ではFLACとは何か?このデメリットにしてもだんだん広がるその高品質はどれほど楽しいか?

記事全文はこちら

FLACとは?

FLACは「Free Lossless Audio Codec」の略称で、「フラック」と言われる。今まで最新版は2017年1月1日にリリースされたver.1.3.2で、最新の音声フォーマットといわれる。無劣化かつ可逆圧縮コーデックとして色々な場合に採用されている。その拡張子は「.flac」と「.fla」で、FLACファイル以外にOggファイルやMKVファイルなどにも格納されている。FLACはMP3のような音声ファイルより品質がずっと高いから視聴品質は楽しめる。今FLACはMacやWindowsやiOSなどのシステムに互換性がますますよくなる。

FLAC無劣化

今無劣化というと、MP3ファイルのような人耳で聴けば同じそうな無劣化もあるが、FLACはMP3と違って本当の意味には無劣化である。WAVE(直接録音されて圧縮されないファイル)に含めるすべてのデータが残られる。FLAC再生も動画コーデックに格納されることも品質の下がりはしないで、WAVEを再生したり動画コーデックに格納したりすることと同じ効果が得られる。

FLAC可逆圧縮

FLACはコーデックで、録音されたばかりのファイルよりデータは圧縮されるが、それは可逆圧縮である。つまり圧縮されたら完全に元に戻れるという意味である。FLACファイル変換する時にWAVEから変換することと同じく、FLAC再生する時に本当の意味にオリジナルの音質が楽しめる。あらゆるデータを保存して、ファイルサイズを小さくにする。可逆圧縮の音声ファイルはFLAC以外にWacPackなどのコーデックもある。

FLAC特徴、FLAC MP3AACWAVOGGなど普通音声ファイルと面々比較

FLACとは元々專門用語なので、理解できない人が多くいる。が、利用するだけとすればFLACはMP3のような今まで使ったファイルと比べるとメリットとデメリットをわかればいい。ハイレゾ音声ファイルとするFLACは再生だけでなく、FLACダウンロードと保存、FLACファイル変換、FLACとMac /Windowsとの互換性、FLAC転送と共有など、面々に違いがある。ではこれからFLACとMP3といった普通音声ファイルと面々に比較して、説明しよう。

同じ曲のFLACMP3のファイルサイズと音質

FLACとはハイレゾ音声ファイルであり、先紹介したが可逆圧縮なのでデータはすべて残る。ゆえにファイルサイズはMP3など普通音声ファイルよりずっと大きい。場合によって6倍、7倍で、10倍以上の差もでる。これでFLACをMac、iPhone、スマホなどストレージが限られたところに保存すると、保存できる曲数はずっと少なくなる。またダウロードとアップロードにかかる時間も何倍も長くなる。

FLACMac PCWindows PCとの互換性

FLACは新しい音声フォーマットなので、今パソコンもプレイヤーも対応できないことがよくある。FLACとMac PC、Windows PC、iOS携帯デバイス、Android携帯デバイスとの互換性といえば、今だんだん対応できるようにされているが、MacもWindowsもFLACとは再生不可のフォーマットである。iOS11正式版以降のiOSデバイスにFLACとMP3と同じように簡単再生できる。

MP3FLACは再生プレイヤーとの互換性

MP3は今一番流行っている音声ファイルなので、音楽プレイヤーも音声再生機能付き動画プレイヤーも完璧に対応できる。一方、FLACとは今でも更新されている新フォーマットであるため、対応できるプレイヤーは少なくて、今対応できるプレイヤーとしても、フォーマットがリリースされたら対応できなくなる恐れがある。

同じ前提にMP3FLACファイル変換の速度

MP3にデータの損失はFLACより多いので、、デコードもエンコードもはやく完成できるのでファイル変換速度ははやい。が、FLACは圧縮率が低いため、デコードもエンコードもはやく、つまりFLACファイル変換の速度もはやい。今の技術により、音楽ファイル変換スピードは大きな差がないが、変換時間はファイル変換ソフト次第である。

FLACMP3ダウンロード数と資源種類

今音声ファイルとすればMP3ファイルだとも言える。MP3ファイルが音声に一番多く利用されるファイルであり、どんな音声でもMP3ファイルがあるとも言える。一方、FLACとは一番新しい音声フォーマットであり、懐かしい曲などはもちろん、今でも高音質の場合のみ利用される。

元記事を読む


[PR]
by snowyyang2013 | 2017-09-22 12:42 | Comments(0)

iPhone8iPhone8 Plusではなく、2017アイフォンの最上位記念モデルはiPhone X

初代iPhone発売から10周年を迎える2017年に登場する新機種は、ライバルの大手メーカーや、ファンにずっと注目されている。今年、アップルは「iPhone7」、「iPhone7 Plus」のアップデート版と10周年記念モデル版の3機種を用意しているようである。現時点で、この3機種の正式名称は、最初の「iPhone7s、iPhone7s Plus、iPhone 8」のかわりに、「Phone8、iPhone8 Plus、iPhone X」で登場することがわかった。3機種の中で、最上位モデルiPhone Xは前モデルからどう進化するかと大騒ぎ。今回の記事では、iPhone Xいつ発売か、各キャリアによってのiPhone Xの購入価格、及びiPhone XのSIMフリー価格、アイフォンX新機能、スペック、買うときに注意すべき不具合なんかを詳しく解説する。

記事全文はこちら:http://u0u1.net/FQu7

9/13日更新】iPhone Xいつ発売:公開日予約日発売日に関する最新情

以下時間表示は日本時間。

公開日:9月13日(水)
予約日:10月27日(金)
発売日:11月03日(金)

Appleは、2017年9月13日午前2時から(日本時間)、例年の新製品発表の秋イベントをクパティーノのApple新本社のイベントホール「Steve Jobs Theater(スティーブ・ジョブズ・シアター)」で開催した。新型iPhone Xが今度のイベントで公開されるのは明らかになった。近年、Appleは発表の週の金曜日に予約開始日を設定し、その一週間後の金曜日に発売日を設定するパターンが多いので、iPhone Xの予約日は9月15日(金)で、発売日は予約開始の1週間後の金曜日9月22日(金)となる予測されているが、実に、iPhone Xは11月3日で国内発売、予約開始は10月27日という。

iPhone X価格:本体価格各キャリアの実質価格SIMフリー価格

iPhone Xは64GB、256GBの2モデル展開で、iPhone X本体価格以下通り(いずれも税別):

64GB 112800
256GB
129800

製造コストと部品コストの上昇によって、従来のモデルと比較して、iPhone X はiPhone史上で一番高価なモデルとなるニュースが絶えずに報道されている。中国の関連サイトに掲載されている情報によると、現役のiPhone 7より、iPhone X一台に1~2マ万円高くなるようである。ところで、これまでのiPhoneと同様、各国の為替レート、税金(増値税という付加価値税、消費税のような税)によって、世界各地のiPhone Xの価格には違いがある。例えば、香港と中国大陸地区では、香港は無税なのに対し、中国大陸では税金が高くかかってくるので、大陸地区と比べて価格は香港の方が安い。いずれにせよ、iPhone Xの価格差は国によってさまざま。他にApple Care+などのサービスも付帯させると価格も変わってきてしまう。

今回、iPhone X(テン)の価格はやっと公開された。最上位モデルとしても高価すぎるではないかと思う人も結構いるらしい。この時点で、大手3キャリア(ドコモ、au、softbank)で新型iPhone Xの実質価格と販売プランはまだ公開されていないが、公開されると、すぐ最新価格情報を本文に追加するので、少々お待ち下さい。

2017年新モデルiPhone Xスペック詳細一覧

ディスプレイ:5.8インチSuper Retina HD OLED Multi Touch、True Tone ディスプレイ、1000000:1(標準)、最大輝度 625cd/m2 (標準)、 広色域対応(P3)
カラーバリエーション:「スペースグレー」と「シルバー」の2色展開
サイズ:143.6 x 70.9 x 7.7mm、174g
搭載OSiOS11
CPUA11 Bionic + ニューラルエンジン M11モーションコプロセッサ
ROM容量:64 / 256GB
RAM容量:3GB
バッテリー:通話 21時間、インターネット通信 最大12時間、ワイヤレス動画再生 最大13時間、ワイヤレス音楽再生 最大60時間、30分で最大50%充電
背面カメラ:12MP iSightカメラ x2、広角f1.8、望遠f2.4、光学手ぶれ補正、光学ズーム、10倍デジタルズーム
前面カメラ:7MP True Depthカメラ、ポートレートモード、ポートレートライティング(ベータ版)、Retina Flash、広色域キャプチャ、自動手ぶれ補正
その他:顔認証「Face ID」機能、ワイヤレス充電機能、新しい操作、インターフェース、革新的なセルフィー「TrueDepthカメラ」
防水防塵:IP67(耐塵防浸型)

iPhone X新機能:デザインを含め、前世代モデルからどう進化するか

iPhone Xデザイン

●前面は上から下までスクリーンで覆われ、上部には前面カメラやセンサーが収められた台形の出っ張りがある。
●さらに画面の周囲のベゼル(枠)は存在しないかのように薄く、ホームボタンは姿を消した。
●カラーバリエーションはスペースグレイとシルバーの2色。
● 前面だけでなく、背面もガラスを採用(背面ガラスはiPhone 4S以来)。  

 

シルバー、スペースグレイから2色から展開する。現在のアルミニウム合金からガラスへ変更して、ガラス製筐体となっている。画面がベゼルギリギリまで伸びた極狭ベゼルレスデザインになるとされて、上部もカメラセンサー部を除いて液晶になる。そして、「顔認証」のみ搭載、Touch IDが廃止されることにより、さまざまなユーザーインターフェイス(UI)の変更が行う。例えば、ステータスバーの中央にあった時刻表示が、左側に寄っている。電波シグナルやWi-Fi強度は左右に振り分けられる形で表示される。言語の切り替えや音声入力アイコンが、現在のiOSのキーボードとは異なり、キーボード下部に移動している。

iPhone Xに搭載するOLEDディスプレイ

●鮮やかな色を映しだし、漆黒も再現するiPhone史上初の有機EL
●436×1,125ピクセルの超高精細仕様;
●「Super Retinaディスプレイ」、周囲の光を検知して画面の色合いを最適化;
● 「HDRディスプレイ」 

OLEDディスプレイとは、有機ELの仕組みを応用した薄型ディスプレイのことである。電気を流すと光る有機物質を利用しており、液晶やプラズマなどと並んで次世代のディスプレイ技術の一つとして注目されている。薄型化が実現しやすいことがその特徴の一つである。今度、新型iPhone Xは上下いっぱいに広がったOLEDディスプレイを搭載することがわかった。そして、iPhone XとiOS 11の組み合わせでは画面の焼付きを防ぐ機能が搭載されているので、iPhone Xのディスプレイが汚くなってはシャレではすまないことに心配しなくてもいい。

iPhone Xカメラ

●f/1.8の6枚構成のレンズ、デュアル光学式手ぶれ補正(OIS)搭載。
●望遠レンズにも手ぶれ補正が搭載。
●ポートレートモードの進化
● 標準のカメラモードも進化
●4Kは60pへ進化

まず、iPhone Xには縦長のデュアルカメラを搭載する。外向きカメラは1,200万画素となっていて、4K/60fpsおよび1080p/240fpsが撮影可能。内向きカメラは700万画素となっていて、1080p/30fpsに対応しているという。そして、「iPhone X」の純正カメラアプリでは、画面上部の切り込みとホームバーを配慮したUIに変更されている。確かに画面幅一杯にUIは広がらず、上下に余白があることが確認できる。iPhone Xに搭載するカメラは、ライバルのSony製Xperia XZ Premium(外側カメラは約1,900万画素、内側カメラは約1,300万画素)と比べて、どっちが勝つか?

iPhone Xに搭載するワイヤレス充電機能

●Qi規格のワイヤレス充電に対応。
●わずか30分で最大50%充電可能。
●iPhone Xのために開発されたワイヤレス充電器「AirPower」が2018年登場。Apple Watch、AirPodsなど最大3台を同時充電。

2014年発売のiPhone6から、ワイヤレス充電機能をiPhoneへ搭載することが期待されている。Andriodスマホの巨頭Samsungは、すでに2015年発売のフラッグシップモデルGalaxy S6 edgeから、ワイヤレス機能を実現することに対して、iPhone6の発売から約3年後となる2017年には、やっと、アップル社は、新型モデルiPhone X、iPhone8、iPhone8 Plusへ、「Qi」規格に対応したワイヤレス充電機能を搭載することが決まった。そして、iPhone8/8 Plusは、ワイヤレス充電対応のため本体背面パネルが金属製からガラス製に変更される影響で本体サイズがわずかに大きくなるという。なお、ワイヤレス充電は7.5W規格になり、充電速度にはあまり期待できないのではないか、との噂もある。

iPhone Xに搭載する顔認証機能(Face ID

●指紋ではなく顔による生体認証システム。
●ドットプロジェクタ」「赤外線カメラ」「投光イルミネーター」で構成される「True Depthカメラシステム」を活用している。

上下いっぱいに広がったOLEDディスプレイを搭載するため、iPhone Xには、従来の指紋認証(Touch ID)を廃止して、顔認証(Face ID)がセキュリティー認証機能に用いられるとされている。この顔認証を支えるのが、iPhone Xに搭載された数々のセンサーである。両手がふさがっていても認証可能、センサ部分に触れないから衛生的、生体の状態の影響による誤作動が少ないと顔認証機能固有のメリットである。だが、ここ数日、Galaxy Note 8では、端末にユーザーの顔写真を見せても本人と認証されるため使い物にならないという話がある。iPhone Xで同じ問題が起きないのかという疑問である。スマホのセキュリティを気にする人はにとって、それは大事なことだろう。

iPhone Xを買うべきか?

2017年に色々な新モデルのスマホが登場するので、機種変更したい方にとって、特にiPhoneでもandroidでもいい場合、どれがベストな選択肢かと迷っているかもしれない。具体的に言えば、Xperia系には「Xperia XZ Premium」「Xperia XZs」「Xperia XA1」「Xperia XA1 Ultra」「Xperia XZ1」「Xperia XZ1 Compact」「Xperia XA1 Plus」がある。Galaxy系には「Galaxy Note8」、「Galaxy S8」、「Galaxy S8+」、「Galaxy J7」、「Galaxy J3」がある。そして、「HUAWEI P10」、「シャープ AQUOS R」、「VAIO VAIO Phone A」、「iPhone 8」、「iPhone 8 Plus」など多すぎる。どれも各自の魅力と使い勝手の良さがあるが、高価すぎるiPhone Xへ手を出すのは賢明か。 

 

もちろん、アップル社の最先端技術を体験したいなら、iPhone Xをオススメする。iPhone Xはアイフォンの10周年記念モデルとして、新機能やスペックの方面では、申し分はない。だが、iPhone Xの最上位モデルは13万円以上かかるが、その分の価値があるか。やはり予算に合って決まったほうがいいではないか。

iPhone X不具合はあるか

どんなに優秀なモデルでも、意外にドラブルや不具合は発生してしまうことがよくある。スマホのカメラ性能に高い定評のある「ソニー」の2017新フラッグシップモデルXperia XZ Premiumは、撮影した画像の一部が歪むという症状で、ユーザーから不満の声が多い。iPhone Xはまだ発売されていないので、iPhone X不具合の報告もない。iPhone X不具合報告できたら、すぐこのページへ追加する。

 iPhone Xにおいて、ネットからの反応は何か?

 1)キーワード:iPhoneXの外観が好きになれない

「まだ発表されてませんけど、iPhone8(7s?)とiPhoneXならどちらを買うべきでしょう?個人的に新しい物好きではありますが、スペックは別としてこれまでリークされている情報を見る限りイマイチiPhoneXの外観が好きになれません。先ずホームボタンの無いiPhoneって背面のロゴが無ければAndroidと一見見分けがつかない気がするし、画面上部の切り欠きが何とも格好悪く見えます。有機ELってのもそんなに高性能なんでしょうか?」

 2)キーワード:iPhoneXは顔認証

「新型のiPhone8(X)は顔認証でロック解除などされるそうですが、 例えば自宅寝室で電気も消した真っ暗闇の中でiPhone8(X)を使用したい場合、暗くて顔を認識出来ず、ロック画面から先に進めないなんて事は起きないのでしょうか???」

 3)キーワード:iPhoneXは鬼高い

「フルモデルチェンジされるiPhone8がいよいよ発売されますね!!価格が最低11万?ということで鬼高いですが皆さん買い替えますか??自分はiPhone7に変えたばかりなので変えるか凄く悩んでいます!」

記事全文はこちら:http://u0u1.net/FQu7


[PR]
by snowyyang2013 | 2017-09-13 19:13 | データバックアップ・転送方法まとめ | Comments(0)