ブログトップ

softworld

新型アイフォンにユーチューブを保存・再生できない時の対処方法

最近「いつも問題なく再生できるはずのYoutubeは突然、iPhoneで再生出来なくなった」という声が上がる。例えば、iPhoneのSafariやGoogle Chromeブラウザを使ってYouTubeが再生できない話もあれば、YouTubeがiOS 11を搭載したiPhoneで動作しない説もある。YouTubeが見れない原因が様々あるので、ちゃんと原因を確認してから、それに応じて適切な対処法を取れば、YouTubeが見られるようになる。

今回の記事では、誰でもわかりやすくiPhoneでYoutube見れない原因と解決策を詳しく紹介する。

iPhoneYoutubeが見れない原因と対策まとめ

以下の内容は、iPhoneでYoutubeが見れない場合に考えられる原因と対策をご紹介していく。

解決策(一)ネットワーク設定をリセットする

iPhoneが電波の弱いWi-Fiネットワークに接続したり、またはiPhoneがWiFiに接続しているのにインターネットが使えない場合がある。その時、iPhoneでYoutubeが見れないのは当然である。以下は2つの対処法は、ネットワークの問題で起こったiPhone Youtube読み込みエラーを解消する。

方法:iPhone側でWi-Fi をオフにしてからオンにし、再接続する。

方法:iPhoneで「設定」>「一般」>「リセット」から「ネットワーク設定をリセット」をタップして、iPhoneのネットワーク設定をリセットする。リセットを行なった後は、Wi-Fiを再度設定しよう。

解決策(二)Bluetoothをオフにする

SafariやChrome等のブラウザでYouTubeが見れないなら、Bluetoothをオフしただけで問題を解決する時がある。iOS 10以前では、コントロールセンターを開いて、Bluetoothボタンをタップすると、Bluetoothの機能全体のオン/オフを切り替えることができた。iOS 11の場合、Bluetoothをオフにするには、「設定」>「Bluetooth」の順に選択して、「Bluetooth」をオフにする。

解決策(三)YouTubeアプリ/Safariキャッシュを消去する

Safariで見れないにも、YouTubeアプリで見れないにも関わらず、キャッシュのクリアをお試しください。

Youtube見れない状況において絶対できる対策:YouTube動画をダウンロード>>


[PR]
by snowyyang2013 | 2018-10-30 15:18 | 使い方&エラーへの対処法 | Comments(0)