ブログトップ

softworld

iOS12評価|iOS12バグ・不具合・エラー・トラブルへの対処方法はこちら

iOS12ダウングレード原因|iOS12バグが多発したため、iOS12からiOS11に戻したい

iOS12 betaが配信された後、たくさんの方々が新iOSにアップデートした。ARKit 2(AR空間の共有機能)、デジタルデトックス、新しいMemojiをいち早く体験したい。だが、アップデートした後、後悔して旧バージョンiOS11に戻したくなる。以下では、iOS12アップデートによる不具合・バグをまとめてみた。

① 、Facebookメッセンジャーで、会話を切り替えるとキーボードの反応が遅くなる;

② 、お使いのiPhoneXをiOS12にした後、動作が重かったり、急に再起動がかかるなどの症状が発生してしまった。

③ 、App Storeを開いたら、「App Storeに接続できません」といったエラーメッセージが表示されてしまった。

④ 、一部のiOSデバイスではSafariの提案機能が動作しない不具合が出る。

⑤ 、SNSアプリ「Skype(スカイプ)や動画視聴アプリPandoraアプリが動作しなくなり、強制終了してしまった。ゲームアプリ「フォートナイト」も動作できない。

⑥ 、パーソナルホットスポットが機能しない。

⑦ 、通知関係の設定では、オン/オフを操作したら、設定アプリがクラッシュしてしまった。

⑧、 メッセージを使って、カメラを使えば一部のエフェクトが機能しないことがある。

⑨、 iPadのWi-Fiモデルのメイン画面には、携帯電話ネットワークのアイコンが表示される。

⑩、 多数のアプリケーションでは、バッジを使って通知が正しく機能しないことがある。

⑪、 iOS12アップデート中リンゴループが起こった。ブルースクリーンになる不具合などがある。

⑫、 iOS12にアップデートされた後、「通信速度が遅くなった」「バッテリーが長持ちしない」「iPhoneがバッテリーの消耗が激しくなった」「iPhoneの動作が重たくなった」「iPhoneが勝手に再起動する」「○○の機能が無くなった」などといったiOS12不具合が多発。

http://urx3.nu/M1h4


[PR]
by snowyyang2013 | 2018-09-18 12:46 | 使い方&エラーへの対処法 | Comments(0)