ブログトップ

softworld

2018ブルーレイ・DVDレコーダーおすすめランキング|選び方・価格もあり

ブルーレイブルーレイDVDレコーダーおすすめ|パナソニック?シャープ?東芝?ソニー?

DVDレコーダー(ディーブイディーレコーダー)とは、DVD-Videoの再生以外、記録型DVDに動画などを記録できる据え置き型映像機器。DVDレコーダーの普及率は日本が一番高い。多様化ニーズに応えるため、DVDレコーダー市場も急速に拡大する。

だが、質問サイトでは「ブルーレイ・DVDレコーダーおすすめってどれ?」「ブルーレイ・DVDレコーダー選び方がある?安くて高性能なDVDレコーダーを買いたくて、おすすめがある?」「DVDレコーダー価格はどのぐらい。評判が良くて使いやすいものがあるのか。」とよく聞かれる。DVDレコーダーを買おうと思っても、各社から様々な製品が出ていてどれを買えばいいか悩んでいるよね。今回は2018 ブルーレイ・ブルーレイ・DVDレコーダーおすすめを性能・価格・評判といった観点から比較しながら、高性能で使いやすいものを厳選してまとめてみた。ぜひあなたにぴったりなDVDレコーダーを選べる。

ブルーレイブルーレイDVDレコーダー選び方|DVDレコーダーを購入する前に要チェック

ブルーレイ・DVDレコーダーが普及するとともに、DVDレコーダーの種類も沢山出てきて、どれを選べばいいのか分からない人は多いだろう。そんな人のために、ブルーレイ・DVDレコーダーおすすめ2018年版を紹介する前、ブルーレイ・DVDレコーダー選び方を了解しておくべきだと思う。

ブルーレイ・ブルーレイDVDレコーダー選び方1:チューナー数や容量

チューナー数は一度に同時録画できる数のこと。一般的に、チューナーが複数あると、録り逃しがなく便利。それはつまり、「スポーツ・ドラマ・バラエティ番組などといったコンテンツをどれも見逃したくない」といった方は、3チューナー以上のタイプがおすすめ。

どれだけ多くの番組を録画しておけるかはHDDの容量で決まる。もちろん容量が大きいほど長時間で録画できる。500GBのHDDなら約200時間を録画できる。ハイビジョン録画でない場合は250GB~300GB、ハイビジョンで録画したい人は800GB以上を選んでください。

ブルーレイDVDレコーダー選び方2DVD以外にHDDVHSの内蔵の有無

近年、DVDレコーダーはDVD単体ではなく、HDDやVHSを内蔵するようになる。つまり、HDD内蔵(DVD+HDD及びDVD+HDD+VHSの3 in 1)とHDDなし(DVD+VHS及びDVDのみ)2タイプがある。日常的に録画、再生の場合は、HDD内蔵タイプはおすすめ。

ブルーレイDVDレコーダー選び方3:利用可能なDVDプレイヤーの違い

録画用DVDディスクには複数の種類があり、DVDレコーダーメーカーや機種により使えるメディアが決まっている。だから、DVDをやりとりしたいレコーダーが対応しているメディアを調べて、同じメディア対応の機種を選べばディスクは双方で使用できる。DVD+R、DVD+RW、DVD-R DLやCPRM対応DVD-R、DVD-R DLは対応機種は非常に少なくて、やりとりをする場合ご注意ください。

ブルーレイDVDレコーダー選び方4:画質や操作性

4K出力対応テレビと接続し、その高画質を活かして楽しむには、レコーダーの高画質性能が必要。つまり、4K出力や4Kアップコンバートに対応しているかどうかチェックしてみる。DVDレコーダーの基本機能は録画機能と再生機能で、操作性にこだわる場合は、店頭に行って試してみてください。

ブルーレイDVDレコーダー選び方5:スマホで視聴

DVDレコーダーでお気に入りの番組を録画したが、忙しくて観る暇はない人は多いだろう。DVDレコーダーで録画したコンテンツをデバイスで楽しみたい場合は、スマホとタブレット端末と連携できる機能を持つDVDレコーダーを選べばいい。それで、デバイスを持ち運びながら、録画番組を視聴できる。

ブルーレイDVDレコーダー選び方6:高画質高音質

録画した番組の美しさや音(画質・音質)が重要。だから、DVDレコーダーを選ぶ前、「音をよくする」「画質をよくする」などといった先進的な機能があるかチェックしてください。

ブルーレイDVDレコーダーおすすめ2018年版|安くて高性能で使いやすい

上記で紹介したブルーレイ・DVDレコーダー選び方を了解してから、どの項目に気にするのか。まずよく考えてみてください。

近年、DVDレコーダーメーカーは多種多様で、機能も沢山あり、どれを選んでよいか迷っている人は多い。以下では、DVDレコーダー価格、DVDレコーダー寿命、DVDレコーダー評判といった所から比較しながら、2018ブルーレイ・DVDレコーダーおすすめを厳選してまとめてみた。

ブルーレイDVDレコーダーおすすめ2018年版:パナソニック

パナソニック DVDレコーダーは国内シェアNO.1で、録画したコンテンツの画質が綺麗で使いやすくて、高く評価される。更に、パナソニック DVDレコーダーの操作の反応速度も全DVDレコーダーメーカーランキングの中で最も速い。

公式サイト:http://panasonic.jp/diga/products.html

パナソニック ブルーレイDVDレコーダーおすすめ|パナソニック製DVDレコーダーのメリット

(1)操作性がいい;読み込み時間が少なく、画面遷移も速い;

(2)機種が豊富;他のメーカーより機種が豊富で、用途に応じて選びやすい;

(3)価格が安くなりやすい;

パナソニック ブルーレイDVDレコーダーおすすめ1:プレミアムディーガDMR-UBZ1

・3チューナー

・HDD容量3TB

・Wi-Fi内蔵

・4KやHDRの映像が楽しめる

・高精度な色信号処理を可能とした独自の4K対応エンジン「4Kリアルクロマプロセッサplus」搭載で、高画質出力

・ノイズ対策も徹底。映像を臨場感たっぷりに楽しめる

・スマホ視聴対応

パナソニック ブルーレイDVDレコーダーおすすめ2:全自動ディーガ DMR-UBX7030

・11チューナー

・HDD容量7TB

・Wi-Fi内蔵

・指定したすべてのチャンネルを自動録画/消去で手間いらず

・「新着番組」で録画番組を整理して表示。一覧表示から見たい回をすぐに探せる

・スマホ視聴対応

パナソニック ブルーレイDVDレコーダーおすすめ3:おうちクラウドディーガ DMR-UBZ2030

・3チューナー

・HDD容量2TB

・Wi-Fi内蔵

・4KやHDRの映像が楽しめる

・スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(無料)を使えば、スマホで視聴/録画予約OKだし、音楽を楽しめる

パナソニック ブルーレイDVDレコーダーおすすめ4:レギュラーディーガ DMR-BRS530

・1チューナー

・HDD容量500GB

・有線LAN対応

・郵便番号を入力し、有線LANでネット接続すれば初期設定完了

・操作が快適で、お気に入りの番組をすぐに録画/視聴できる

・見逃しやすい新番組や特番、初放送の映画を番組表のポップアップ表示でおしらせする

ブルーレイDVDレコーダーおすすめ2018年版:シャープ

シャープ製DVDレコーダーの魅力は、高画質。全機種DVDドライブ/ブルーレイドライブ搭載で初心者にも使いやすいレコーダーとなる。動作も軽く、実用的なデジタルWチューナーを搭載し、現代的な機能を持ち、価格とパフォーマンスのバランスに優れている。

公式サイト:http://www.sharp.co.jp/products/

シャープ ブルーレイDVDレコーダーおすすめ|シャープ製DVDレコーダーのメリット

(1)高画質。液晶技術で世界に冠たるシャープはAQUOSとの組み合わせで高画質を実現

(2)再生速度が速い。最新技術を導入し、再生速度を最大2倍まで早くなる

(3)外からリモート視聴。レコーダーのチューナーで受信している放送中の番組を好きな時に外出先からでもネットワーク経由で視聴できる

(4)絶えず更新中、シャープ製DVDレコーダー寿命は従来機種の約3倍になる

シャープ ブルーレイDVDレコーダーおすすめ1:アクオス 4Kレコーダー

・2チューナー

HDD容量1000GB(1TB)

・4K放送を観る・録る・再生できる。4K対応AQUOS(HDCP2.2対応)に接続して、4K放送を4K60pの解像度で視聴できる

・連続ドラマなど、毎回録画する番組をかんたんに予約できる「かんたん毎回予約」

・USB外付けハードディスク(別売)を接続すれば、番組をUSB外付けハードディスク(別売)にダイレクト録画できる

・見たいシーンが、すぐに見つかる!「見どころポップアップサーチ

・キーワードやジャンルなどを組み合わせて番組検索「見つかる番組検索」

シャープ ブルーレイDVDレコーダーおすすめ2AQUOS ブルーレイレコーダー BD-NT1000

・3チューナー

・HDD容量1000GB(1TB)

・見たいシーンから、パッと見られる!「セリフ付き 見どころポップアップ

・見たいシーン&番組をパッと再生

・録りたい番組をサクッと録画

・スマートフォンでテレビをもっと楽しむ

シャープ ブルーレイDVDレコーダーおすすめ3:ブルーレイ(BD4Kレコーダー BD-UT2200

・3チューナー

・HDD容量3TB

・4Kテレビにぴったり。リアルな4K解像度(3,840×2,160画素)で、番組表を表示

・録画番組をすばやく見る。録画番組の再生中に「再生」ボタンを押すと早見・早聞き再生となり、再生速度の調整ができる

・連ドラ、もう録り忘れない!見逃さない!「ドラ丸」。AQUOSとの連携で、テレビ視聴が変わる

・外でも家でも、スマートフォンで好きな時に楽しめる

・耐塵対策、光学性能改善により、ドライブの耐久性を向上

シャープ ブルーレイDVDレコーダーおすすめ4:ブルーレイ(BD4Kレコーダー BD-UT1200

・3チューナー

・HDD容量1TB

・4Kテレビにピッタリ。リアルな4K解像度(3,840×2,160画素)で、番組表を表示。

・録画番組をすばやく見る。録画番組の再生中に「再生」ボタンを押すと早見・早聞き再生となり、再生速度の調整ができる

・AQUOSとの連携で、テレビ視聴が変わる

・外でも家でも、スマートフォンで好きな時に楽しめる

・耐塵対策、光学性能改善により、ドライブの耐久性を向上

ブルーレイDVDレコーダーおすすめ2018年版:東芝

東芝 DVDレコーダーの最大な特徴は、操作性が良くて、好きなチャンネルを録画予約不要で自動録画できる所。大容量HDDで多チャンネルを同時に撮る、わかりやすさや操作性を重視している。

http://www.toshiba.co.jp/regza/bd_dvd/

東芝 ブルーレイDVDレコーダーおすすめ|東芝製DVDレコーダーのメリット

(1)操作がしやすい。起動が速くて、直感的なインターフェースを持ち、初心者でもすぐに使える

(2)お出かけいつでも視聴できる。Live配信にも対応し、観たい番組を外出先でも楽しめる

(3)自動録画。古い番組から自動で削除してくれるタイムシフトマシン機能がある

(4)種類が少なく選びやすい。東芝 DVDレコーダーは大きくレクザサーバーとレクザブルーレイ2種類に分けられる

東芝 ブルーレイDVDレコーダーおすすめ1DBR-M3007

・7チューナー

・HDD容量:3TB

・フルハイビジョン長時間録画:最大約3278時間

・地上デジタル放送そのまま録画:最大約390時間

・タイムシフトマシン機能があり、時短で番組を録画できる

・リモコンの「時短」ボタンから、あなたの空き時間にあった再生時間が選べる!

・簡単な操作で、本編部分だけを手軽にディスクに残せる

・タレントなどの名前を「人物リスト」から選ぶだけで、出演番組をピックアップ

東芝 ブルーレイDVDレコーダーおすすめ2DBR-M1007

・7チューナー

・HDD容量:1TB

・フルハイビジョン長時間録画:最大約1085時間

・地上デジタル放送そのまま録画:最大約129時間

・タイムシフトマシン機能があり、時短で番組を録画できる

・リモコンの「時短」ボタンから、あなたの空き時間にあった再生時間が選べる!

・簡単な操作で、本編部分だけを手軽にディスクに残せる

・タレントなどの名前を「人物リスト」から選ぶだけで、出演番組をピックアップ

東芝 ブルーレイDVDレコーダーおすすめ3DBR-T3007

・3チューナー

・HDD容量:3TB

・フルハイビジョン長時間録画:最大約3278時間

・地上デジタル放送そのまま録画:390時間

・時短で録る、観る、本編部分だけを手軽にディスクに残せる

・3番組同時録画。外出先でもスマホで楽しめる

・録画の容量を後からUSBハードディスク接続で増やせる

・レグザで録った番組もディスクに残せる

東芝 ブルーレイDVDレコーダーおすすめ4DBR-W2007

・2チューナー

・HDD容量:2TB

・フルハイビジョン長時間録画:最大約2182時間

・地上デジタル放送そのまま録画:259時間

・時短で録る、観る、本編部分だけを手軽にディスクに残せる

・2番組同時録画。外出先でもスマホで楽しめる

・録画の容量を後からUSBハードディスク接続で増やせる

・レグザで録った番組もディスクに残せる

ブルーレイDVDレコーダーおすすめ2018年版:ソニー

ソニーDVDレコーダーの主な特徴は起動が速い、予約ランキング、カメラ動画取り込み、ハイレゾ対応といった所。世界初のブルーレイレコーダーを発売されるメーカーで、高い映像処理技術を導入し、使い勝手も良く、高く評価される。

http://www.sony.jp/bd/lineup/

ソニー ブルーレイDVDレコーダーおすすめ|ソニー製DVDレコーダーのメリット

(1)外からどこでも視聴できる。

(2)高画質。高い映像技術に力を入れている。高画質化機能を最適にマッチング、より高画質な4K映像を楽しめる4Kブラビアモード機能を搭載している

(3)すばぬけた機能はなくても、起動が速く、操作性が良い。

(4)予約ランキング、ハイレゾ対応、カメラ動画取り込みも可能

(5)全機種ブルーレイ3D再生に対応可能

ソニー ブルーレイDVDレコーダーおすすめ1BDZ-ZT3500

・3チューナー

・HDD容量3TB

・地上デジタル録画時間:390時間

・どの番組が多くの人に録画予約されているのかを最大20位までジャンル別にランキング表示。人気の番組から、気になるものをパッと予約可能

・最大6TBの外付けハードディスク(別売)で、録画容量を後から簡単に増やせる。更に、新たにSeeQVault(TM)に対応。

・外付けHDD・SeeQVault対応/ハイレゾ対応/4Kカメラ動画取りこみ対応、無線LAN内蔵モデル

ソニー ブルーレイDVDレコーダーおすすめ2BDZ-ZW2500

・2チューナー

・HDD容量2TB

・地上デジタル録画時間:260時間

・素早く録れる番組表

・人気番組を録り逃さない「みんなの予約ランキング」

・自動で録れる「おまかせ・まる録」

・スマホで「どこでも録画予約」

・外付けHDD・SeeQVault対応/ハイレゾ対応/4Kカメラ動画取りこみ対応、無線LAN内蔵モデル

ソニー ブルーレイDVDレコーダーおすすめ3BDZ-ZT2000

・3チューナー

・HDD容量2TB

・地上デジタル録画時間:260時間

・表示できる放送局数が多く、各番組の情報を細かく表示可能

・最大1万番組の録画に対応。録画した番組は「ドラマ」や「アニメ」など自動でジャンル分けされる

・人気番組を録り逃さない「みんなの予約ランキング」

・スマホで「どこでも録画予約」

・外付けHDD対応/無線LAN内蔵モデル

ソニー ブルーレイDVDレコーダーおすすめ4BDZ-ZW1000

・2チューナー

・HDD容量1TB

・地上デジタル録画時間:130時間

・表示できる放送局数が多く、各番組の情報を細かく表示可能

・最大1万番組の録画に対応。録画した番組は「ドラマ」や「アニメ」など自動でジャンル分けされる

・人気番組を録り逃さない「みんなの予約ランキング」

・スマホで「どこでも録画予約」

・外付けHDD対応/無線LAN内蔵モデル

【まとめ】DVDレコーダー価格DVDレコーダー寿命を参考しながら、最適なDVDレコーダーを選ぶ

以上、ブルーレイ・DVDレコーダーおすすめ2018の徹底比較を機能、評価、使い勝手などの項目から紹介した。実際利用してみると分かるが、このDVDレコーダーでは高画質で録れてあのDVDレコーダーでは高画質で録れないといったことがよくあるかもしれない。高画質(4K)で番組を録りながら、お出かけいつでも視聴したい場合は東芝ブルーレイ・DVDレコーダーおすすめは一番だと思う。高画質で番組を録り、外からリモート視聴したい場合はシャップブルーレイ・DVDレコーダーおすすめランキングから最適なものを選ぼう。使いやすくて、外からどこでも視聴したい場合は、ソニーブルーレイ・DVDレコーダーおすすめ機種からお気になるものを選択。操作の反応速度、使いやすさなど所にこだわり、外からどこでもスマホで視聴したい場合は、パナソニックブルーレイ・DVDレコーダーおすすめは一択。

総合的に言えば、ライフスタイル・使用用途に合わせて、最適なものを選んでください。

DVDレコーダー寿命?

DVDレコーダー寿命と言えば、普通の場合は大体5年前後。使用頻度が高ければ高いほど早く壊れやすいから。DVDレコーダー寿命を伸ばすには、ために通電して動かしたり、細かい編集などは行わないようにしたり、設置環境の清潔に気をつけることが大切。

DVDレコーダー故障?

DVDレコーダーに何らかのトラブルで使えないことがよくある。例えば、読み込めない、書き込めない、開閉できない、データが消え、記録できない、動けない、異音が出るなどといったトラブルに遭うことがある。DVDレコーダー故障で、使えない時、修理費用は2~3万円位がかかる。だから、高額なDVDレコーダーを購入するのが不安なユーザーは保証期間の延長プランを付加するのがおすすめ。


[PR]
by snowyyang2013 | 2017-12-29 18:34 | まとめ | Comments(0)