ブログトップ

softworld

2016最新版DVDコピーフリーソフト比較ランキング!(人気順)

【2016年版】無料で初心者でもDVDをコピーできる方法をお届け




DVD鑑賞が大好きな人である。いいDVDコピーフリーソフトって何?もうすぐ2016になるから、2016DVDをフリーコピーできる方法を教えてください。そこで本文は、無料で初心者でもDVDをコピーできるようになるために欠かせないリッピングソフト厳選8選をご紹介。Windows DVDコピーフリーソフトと Mac DVDコピーフリー2016最新保存版をお届けする。


全文はこちら>>http://macxdvd.com/blog/excellent-dvd-copy-free-software-ranking.htm




2016DVDフリーコピーすることが可能になるのか?


暇な時、おうちでまったりDVD鑑賞(洋画・邦画問わず)するのはいかがだろうか。もうすぐ正月休みになるよね。正月休みには何か予定があるのか。アンケート調査によると、こたつにお菓子、そしてDVD!こんなお正月休みの過ごし方が一番多いと分かった。そこで今回は、DVD鑑賞が大好きな人に向け、移動中でもDVDを楽しめる方法をご紹介する。


それはつまり、DVDリッピングソフトを利用すること。こういうソフトがあれば、いつでもどこでもお気に入る映画を観られる。以下では今最も人気のあるDVDコピーソフトオススメする。Mac用とWindows用両方があるから、OSによって選択できる。いずれも無料のもので、インターフェースもシンプルで初心者でもすぐに使える。比較してみてご自身のあったコピーソフトを見つけてください。



Mac DVDコピーフリーソフト2016最新版Top4




1位:MacX DVD Ripper Mac Free Edition


メリット:


海外製ソフトである。


無料のMac用DVDコピーソフトの中では最も対応DVDコピーガード数が多い。


DVDを今流行っているビデオ・オーディオフォーマットに変換することができる。


出力プロファイルにはApple TV/iTunesを追加されている。


高品質エンジン・インターレース解除・CPUコア・安全モードなどの先進的な機能がある。


DVDコピースピードが非常に速く、出力ファイルの画質・音質も劣化なく保存できる。


自動解除機能で勝手にDVDのコピーガードを検出・解除してくれる。


パッチ変換をサポートしていて、複数のDVDディスクを一括で変換を完了できる。


実用的なビデオ編集機能があり、カット・トリム・結合・字幕/ウォーターマーク追加など。


ビデオのエンコーダー、フレームレート、解像度、オーディオのサンプルレート、チャネルなどの出力設定を変更できる。


内蔵プレーヤーがあり、出力ファイルをすぐに確認できる。プレビューしながら、お気に入る画面をキャプチャして画像として保存できる。


ユーザーフレンドリーインターフェースを持って、4回クリックだけで変換を完了できる。


Mac DVDコピーフリー2016最新版の一つとして、絶えず更新していき、最新のMac OS X10.11(OS X El Capitan)にも対応している。


デメリット:


出力プロファイルには最新のデジタルデバイスを追加されていない。もしそうしたいのなら、正式版にアップグレードするしかない。


普通のDVDコピーガード(DVD CSS/RCE/リージョンコード1~6/ソニーArccOS/商業化DVDディスク)を解除することが可能だが、最新のディズニー系DVDコピーガードを解除することができない。



2位:Mac The Ripper


メリット:


海外製ソフトである。


DVDコピーソフトオススメランキングの中で高く評価された2016年DVDフリーコピーソフトである。


よく知られていたDVDコピーガードを解除できる。例えば:CSS、RCE、RCのようなコピーガード技術。


DVDを今流行っているビデオ・オーディオフォーマットに変換できる。


DVDをiPhone/HTC/サムスン銀河タブにコピーできる。


DVD映画をストリームできる。


リージョンコード(地域コード)を自由に選択することができる。


あるオプションを無効にすることができる。


デメリット:


更新速度が遅すぎ、現在の最新バージョンMacTheRipper 4はMac OS X 10.7に対応しかできない。


日本語化されていなくて操作方法は理解しづらい。だから、映画アレルギーの方は注意が必要。


最新バージョンをダウンロードすることが難しい。ダウンロードしたい方は、まずソフトチームに寄付を与える必要がありそうである。



3位:Handbarke


メリット:


海外製ソフトである。


DVDコピーフリーソフト2016最新版では第3位になった原因は、主にその動作が軽く、操作に戸惑うケースは無しというところ。


Windowsでも動作できる。


DVDをHDDに保存したり、メディアプレーヤーやPS3/Xbox360/PSPなどのゲーム機にも対応している。


プレセットメニューからiPod/PSP/PS3対応のファイルフォーマットの選択ができる。


4GBもあるDVDファイルをAVI等にしてCD1枚分(700M)にすることができる。


変換作業はコマンドプロンプト上で行われる。


変換中はCPU使用率がかなり高くなる。


デメリット:


最新OS(Mac OS X El Capitanとかなど)に対応していなく、64Bit版がまだ提供していない。Handbrake OS X El Capitanで使えない時の対処法>>


動画変換中、コピーガード外せない、字幕追加できない、ビデオとオーディオが同期できないなどのようなエラーが度々出る。


日本語化されていない。Handbrake日本語版のダウンロード方法>>



4位:Mac Free Any DVD Ripper


メリット:


2016年DVDフリーコピー方法の一つとして、自作DVDをMP4/MOV/MKV/AVIなどの流行っている動画形式に変換できる。


Free Any DVDリッピングにより、無損質でDVDから音声を取り出せる


トリム/クロップ/テキスト・ウォーターマーク追加などといった実用的なビデオ編集機能がたくさん持っている。


動作が軽快で、30XのスピードでMacでDVDを無料コピー(流行っている動画形式に変換すること)できる。


アップグレードしてiPhone6/6 Plus、iPad Air2、iPad mini3をサポートすることが可能である。


使いやすい無料系のDVDコピーソフトオススメのナンバー4として、変換の安定性が非常に高いという点が非常に素晴らしい。


デメリット:


自作DVDしかコピーできない。コピーガード付きDVD(市販・レンタルDVD/CSS DVD/海外のDVDなど)には対応していない。


OS X 10.5以降しか対応できない。


日本語化されていない。


上記で紹介されたMac DVDコピーフリー2016版はいかがだろうか。2016年に公開予定の大作カンフーパンダー3、ズートピア、モアナ、劇場版 遊☆戯☆王、世界から猫が消えたならをオフライン環境下でも移動中でも観たいと思っても、どんなソフトを使えばいいのか分からないよね。そんな時、ついつい最初はフリーソフトでいいやとか、どうせなら一番素敵なソフトと意気込んでしまいがちである。だから、初心者向けの無料のMac用DVDコピーソフトTop4をまとめている。自作DVDコピー専用フリーソフトから市販・レンタルDVDコピー専用フリーソフトまでどんなDVDの種類でも、手軽にMacでDVDを無料コピーできる。だから、Macユーザーの皆様は上の2016年DVDフリーコピーツールを比較しながら、それぞれのメリット・デメリットを知っていて、あなたに最適なソフトを選択する。




Windows DVDコピーフリーソフト2016最新版Top4


1位:DVD43


海外製フリーコピーソフトである。


DVD43は暗号化されたDVDの解読に特化したフリーソフトであるため、2016DVDコピー無料ソフトのナンバーワン。


内蔵プレーヤーがついていて、DVDの再生ができる。


豊富な機能と使いやすさが特徴。


CSSとリージョンコードといったようなDVDのプロテクトを感覚なしで解析できる。


ファイルをコピーしたり、DVD-Rにラインティングしたりできる。


DVDを挿入するだけで自動でものの一分ほどでプロテクトを解除してくれて、動作が非常に安定で軽いと評価された。


2016DVDコピー無料ツールの中では最も歴史があり、最も有名である。


デメリット:


Windows 2000/XP/Vista/7 (64bit OSにはプラグインが必要)に対応しかできない。Windows10専用のDVDコピーソフトオススメと言えば、MacX DVD Ripper Pro for Windowsが一番。


64Bit版Windowsで作動させるには、別途プラグインをインストールする必要がある。


日本語化されたものもあるが、公式サイトではないから、ウイルスに感染可能性がある。


2009年に開発終了で、現在の最新版は4.6.0である。



2位:DVD Decrypter


メリット:


Windows用DVDコピーソフトオススメの中では最も有名なソフト。日本人ユーザーが多くいる。


DVDフォルダからデータをリッピング、ハードディスクに保存でき、高く評価された2016DVDコピー無料ソフトである。


定番中の定番と言われていて、ISOイメージのライティング機能も備えて、ImgToolとの併用でフリーのライティングソフトとしても使用できる。


多機能で非常に使いやすい。インターフェースもシンプルにまとまっている。


リージョンコード1~6、CSS、APS、UOPsといったDVDコピーガードに対応している。


動作が軽く、出力ファイルの画質にも定評のあるWindows DVDコピーフリーソフトである。


大容量のDVDビデオをパソコンにそのまま無料コピーすることが可能になった。


日本語化パッチの取得方法>>


デメリット:


最新ドライブに対応していなく、ディズニー系やソニー系DVDコピーガード技術には未対応。


開発中止であるため、現在の最新版は3.6.4である。Windows 9x/2000/XP/Vista/7に対応しかできない。



3位:DVD Shrink


メリット:


DVDコピー/リッピングと圧縮の両方ができる。


DVDを圧縮しサイズを半分くらいにしてDVDをコピーできる。


CSS、リージョンコード、APS、UOPsといったコピーガードが掛かられているDVDをコピーすることができる。


HDDへの抽出またはISOイメージ化、DVDメニューの変更や削除、操作不能項目の除去、DVD形式のまま圧縮などの機能がついている。


2層のDVDを一枚の記録メディアに収まるようにしてくれるWindows DVDコピーフリーソフト。


非常にシンプルなUIを持っていて、変換スピードが速い。


内蔵プレーヤーがついていて、出力ファイルの画質・音質などをすぐに確認できる。


好みの部分やチャプター単位でリッピング/エンコードできる。


デメリット:


メニュータイトルのデータ削減が非常に難しい。


DVDコピーガードの解読力は非常に弱い。CRCエラー、エラーCSS、エラーメモリー範囲外、コピープロテクションエラーなどの問題が続出。エラーへの対処方法を見る>>


Windows 9x/2000/XPに対応している。Windows8/Windows10には非対応。


2014/12/24より日本語版の配布が終了されてしまった。DVD Shrink日本語化パッチをあてるにはこちら>>



4位:Your Free DVD Copy


メリット:


海外製ソフトである。


元DVDと同じような画質・音質でコピーできる。


DVDをISOイメージファイルにコピーしたり、ISOイメージファイルを空のディスクへ書き込める。


操作がシンプルで、初心者でもすぐに使える。


シンプルなインターフェースを持ち、使い方などに関しては直感的に理解できる。


デメリット:


日本語化されていない。


DVD-9(片面2層)からDVD-5(片面1層)への圧縮が不可能。DVD-9(片面2層)とDVD-5(片面1層)の違いについて>>


自作DVDだけ対応できるが、市販・レンタルDVDのコピーガードが解除できない。


インストール時に他のソフトのインストールがある。


Windows7及び以降に対応しかできない。



各社、競争が激しくなってきたWindows DVDコピーフリーソフトの市場。これからももっと熾烈になっていくだろう。以上は、Windowsユーザーに向け、DVDコピーフリーソフト2016最新版Top4をまとめていた。ニーズに合わせて適切なコピーフリーソフトを選ぶ。


以上、IT業界で最も人気のあるDVDコピーソフトオススメである。このDVDコピーフリーソフト2016最新保存版を読んで、MacユーザーからWindowsユーザーまで誰でもDVDの返却日などを気にせず、自宅で存分に楽しめる。では、お使いのパソコン、目的・用途に合わせて、Mac DVDコピーフリー2016最新版かWindows DVDコピーフリーソフト2016保存版かを選べる。


元記事を読む>>http://macxdvd.com/blog/excellent-dvd-copy-free-software-ranking.htm




[PR]
by snowyyang2013 | 2015-12-07 17:45 | まとめ | Comments(0)