ブログトップ

softworld

OS X Yosemiteに対応する最高なDVD変換ソフト:MacX DVD Ripper Pro登場

話題沸騰!Mac OS X 10.10 Yosemite
6月2日に行われた開発者向けの会議「WWDC 2014」が米アップル社は米サンフランシスコで開催した。同会でMac用の新OS「OS X Yosemite」を相次いで発表した。今秋に登場する予定で価格は無料である。この前に、「OS X Yosemiteの新機能」について了解しておく必要がある。こうして、それぞれの最高の性能を引き出すことが簡単になる。ところで、, Mac OS X 10.10 Yosemiteの革新的な新機能について紹介する。
インターフェイスのシンプルさ・美しさ:真新しいデザインが採用され、コンテンツがより強調されるようにした。全体的なデザインが大幅に変更され、更に高いレベルへと引き上げ。
機能の進化:MacやiPhone、iPad、さらにはWindowsとも同期が可能となる「iCloud Drive」、容量の大きなファイルをメールで送ることができる「Mail Drop」、MacとiOS(iPhone・iPad)間でも使うことを実現した「Airdrop」
MacとiOSデバイスがより一層シームレスに繋がり、両方を一緒に利用すると、思いつかないほど多くのことができるようになった。
上述していたように、MacとiOS8がこれまで以上に連携を強めるので、OS X YosemiteとiOS8を搭載したデバイス同士が驚くようなことがいろいろできる。因みに、OS X YosemiteとiOS8の登場に伴い、iPhone/iPad/Macの熱狂的ファンが手持ちのデバイスの優れた新機能をより一層楽しめるようになった。
Mac用の新OS のOS X YosemiteでDVDを変換して視聴したい
Mac OS X 10.10 Yosemiteを搭載していたデバイスを持っている方はOS X Yosemiteを認識した上で、それぞれの優れた機能を最大限に活用しよう。ここでは、DVD視聴に興味を持つ方に対しては、おススメする楽しみ方がある。OS X YosemiteとiOS8を搭載していた手持ちのモバイルやパソコンの最新機能を利用しながら、DVDをiPhone/iPad/Macに変換して、iPhone/iPad/MacでDVDを再生するのは一番。その他、OS X YosemiteとiOS8がこれまで以上に繋がるので、Handoffを使って瞬時的にiPhone/iPadで引き継いで続けることができる。こうして、Mac OS X 10.10でDVDをMacからiPhone/iPadなどデバイスに或いはDVDをiPhone/iPadからMacに転送することは前より一層便利になった。このほか、MacとiOS8との共有機能を通じて、折り良くお気に入りDVDを共有することができる。だが、Mac用の新OSであるOS X YosemiteでDVDを変換したいなら、どうすれば良いのか。
OS X Yosemiteに対応DVD変換ソフト登場:MacX DVD Ripper Pro
OS X YosemiteでDVDを変換したいなら、OS X Yosemiteに対応する最高なDVD変換ソフトMacX DVD Ripper Proがおススメ。Digiarty社は時代に遅れないように、Mac用の新OS「MacOS X Yosemite」に対応しながら、もっと多くのMacユーザーのニーズを満たしようと努力していき、MacX DVD Ripper Proを絶えず更新する。このOS X Yosemiteに対応する最高なDVD変換ソフトは主にMacユーザーに向け開発された専門的なDVD変換ソフトなので、様々なMac OS Xにも対応可能。市販のDVD変換ソフトに比べて、色々な優れた機能を持っている。特に、300種類のプロファイルと真新しいのコア技術を組み合わせ、DVDをiPhone/iPad/Macに変換して、iPhone/iPad/MacでDVDを再生することがさらにスムーズになる。その他、32×より速いスピードと目立つ品質でOS X YosemiteでDVDをバックアップすることもできる。だから、MacX DVD Ripper ProはプロなDVD変換ソフトでありながら、最適なDVDコピーソフトでもある。これにより、DVDをMacに保存して、MacでDVDを再生す
f0333484_15543220.jpg
ることが難しくない。それで、OS X YosemiteでDVDを変換したい人やOS X YosemiteでDVDをバックアップしたい人はこのMac用DVD変換ソフトを見逃さない。

どのようにOS X YosemiteでDVDを変換/バックアップするのか

ステップ1:DVD入力。
左上側にある「DVD」アイコンをクリックして、DVDを入力する。DVD入力には三つの選択肢が用意しておる。即ち:DVDディスク,ISOイメージファイル,Video_TSフォルダ。

ステップ2:出力プロファイルを選ぶ。
DVDディスクが入力されたら、出力プロファイルウィンドウが出てきた。例として、DVDバックアップ及びDVD変換それぞれの操作手順は以下の通り:
DVDバックアップ:「DVDバックアップ」⇒「メインタイトルコンテンツコピー/フルタイトルコピー/DVDをISOイメージへクローン/フルタイトルをMKV形式へバックアップ」。
DVD変換:「アップルデバイス」⇒「iPhone動画へ」⇒「iPhone5(MPEG4/H264)」。」

ステップ3:保存先の設定
「ブラウザ」をクリックして、保存先フォルダを選択してください。
ステップ4:バックアップ/変換開始
「RUN」をクリックして、OS X YosemiteでDVDを変換/バックアップし始める。

ご参照:OS X Yosemiteで動画を変換しようと思う方はMacX Video Converter Proをご利用ください。MacX Video Converter Proは専門的なMac用動画変換ソフトで、いつも更新しつつあり、新OSのiPhone用「iOS 8」とMac用OS X Yosemiteにも対応可能。しかも、このMac用動画変換ソフトはプロなYouTubeダウンローダーとして、手元にある新バージョンのMacとiOS8でYouTube動画を鑑賞するにはもっと円滑になった。
[PR]
by snowyyang2013 | 2014-06-16 15:54 | バージョンアップ | Comments(0)